標準外デバイス等からデータを取り込む
クラウドゲートウェイサービス

クラウド上で扱うデータを収集できるのは、当社標準のゲートウェイデバイスだけではありません。
他社製のデバイスはもちろんのこと、モバイルアプリケーションやPLCなど、
HTTPやFTPプロトコルを利用できる装置からのデータを、
クラウド上のゲートウェイサービス「FASTIO DATALINK」を通じて幅広く収集することが可能です。

柔軟なデータ収集、順次拡大中。

FASTIOの標準端末以外のデバイスからプラットフォームへのデータ転送を実現するゲートウェイサービスです。
データ転送は、FASTIO DATALINKの提供するAPIを用いて行います。

ご利用方法については、下記までお問い合わせ下さい。

お問い合せ窓口 エコモット株式会社

0120-973-289 平日9時~18時まで
0120-973-289 平日9時~18時まで

事例

CASE1:機械震動計測による異常診断

FASTIOにつながった振動センサー(IMV株式会社)から送られるデータを、APIを介して「Salesforce」およびBIサービスに提供。メンテナンスタービンやポンプ、ベルトコンベアなど、工場で稼働する機械設備の振動を定期的に計測することで、機械の劣化状態診断やメンテナンスアクションの管理が可能です。このサービスは現地のシステムや既存の業務フローと干渉しないため、幅広い設備に導入が可能です。